高校野球

2019年選抜高校野球 出場校予測,日程,組み合わせ,注目選手

更新日:

2019選抜高校野球

2018年の明治神宮大会は、北海道地区代表校「札幌大谷」の初優勝で幕を閉じました。

次の全国の舞台は選抜高校野球
通称「春の甲子園」が全国の舞台となります。

高校球児の目標となる2019年選抜高校野球「春の甲子園」は、第91回大会となります。

開催期間は、2019年3月23日(土)から12日間の熱戦が行われます。

決勝は4月3日(火)の予定となっています。

この記事では、2019年選抜高校野球の出場校予測・日程・組み合わせ・注目選手に関する情報をまとめています。

2019年選抜高校野球 出場枠

春の甲子園「選抜高校野球」は、夏の甲子園とは違い、都道府県各1校が出場できるわけではなく、秋の大会結果に基づいて出場校が選抜されます。

2019年選抜高校野球の出場枠については、2018年9月19日の運営委員会で決定しています。

出場チーム枠は、
一般選考28校
21世紀枠3校
神宮大会枠1校

一般選考の地区別チーム数

北海道
東北
関東・東京 6(関東4、東京1、残り1)
東海
北信越
近畿
中国・四国 中国2、四国2、残り1
九州

関東・東京と中国・四国は2地区を比較し、残り1枠を割り当てる

明治神宮大会で札幌大谷高校が優勝したことで、北海道からは計2校の選出となります。

出場校を決める選考委員会は、2019年1月25日

組み合わせ抽選会は、3月15日

2019年選抜高校野球 21世紀枠

21世紀枠とは、2001年から設けられた制度で、21世紀最初の年であることに因み、2001年開催の第73回大会から設けられた制度です。

21世紀枠選考基準について

大会を主催する毎日新聞は、以下の学校を選出すると公表しています。
「勝敗にこだわらず多角的に出場校を選ぶセンバツ大会の特性を生かし、技能だけではなく高校野球の模範的な姿を実践している学校を以下の基準に沿って選ぶ。」
とした上で、
「少数部員、施設面のハンディ、自然災害など困難な環境の克服・学業と部活動の両立・近年の試合成績が良好ながら、強豪校に惜敗するなどして甲子園出場機会に恵まれていない・創意工夫した練習で成果を上げている・校内、地域での活動が他の生徒や他校、地域に好影響を与えている」

2018年11月14日現在、各都道府県から代表推薦校が順次発表されています。

選考は各都道府県の高野連が推薦校1校を選出
そこから各地区(全国9地区)の代表推薦校となった高校の中から3校(東日本〜東海以東・西日本〜近畿以西各1校、その他1校)が出場校に選出されます。

11月17日、46校の21世紀枠推薦校が出揃いました。
ここから、12月14日に東北、関東・東京、東海、北信越、近畿、中国、四国、九州の各地区で1校に絞られます。

北海道と合わせた9校が最終的な候補校として発表されます。
2109年1月25日に行われる出場校選考委員会で、この中から3校が21世紀枠として選出される狭き門となっています。

 

都道府県 学校名 秋季(都道府県)大会 発表日
北海道
青森 県立八戸工業高校 ベスト4 11月7日
岩手 県立千厩高校 ベスト8 11月6日
秋田 秋田修英高校 優勝 11月5日
山形 県立酒田東高校 ベスト16 11月1日
宮城 県古川高校 準優勝 11月7日
福島 県立磐城高校 ベスト8 11月6日
茨城 県立石岡第一高校 ベスト4 11月9日
栃木 県立今市工業高校 ベスト8 11月15日
群馬 県立伊勢崎清明高校 ベスト8 11月8日
埼玉 県立松山高校 ベスト16 11月7日
山梨 県立甲府城西高校 ベスト4 11月8日
千葉 県立佐倉高校 ベスト16 11月7日
東京 東亜学園高校 ベスト4 11月7日
神奈川 市立横浜商業高校 ベスト8 11月16日
長野 県飯山高校 ベスト8 11月16日
新潟 県立新潟南高校 準優勝 11月16日
富山 県立富山東高校 ベスト4 11月13日
石川 県立小松商業高校 ベスト4 11月16日
福井 県立金津高校 準優勝 11月7日
静岡 市立清水桜が丘高校 準優勝 11月2日
愛知 県立西尾東高校 ベスト4 11月6日
岐阜 県立岐阜高校 ベスト8 11月8日
三重 県立木本高校 ベスト8 11月6日
滋賀 県立高島高校 ベスト8 11月7日
京都 府立京都すばる高校 ベスト8 11月6日
奈良 県立橿原高校 準優勝 11月6日
和歌山 県立南部高校 ベスト4 11月16日
大阪 府立八尾高校 ベスト16 11月13日
兵庫 市立六甲アイランド高校 ベスト8 11月5日
岡山 県立勝山高校 ベスト16 11月9日
鳥取 県立米子東高校 準優勝 11月13日
広島 県立大竹高校 ベスト16 11月16日
島根 県立平田高校 準優勝 11月14日
山口 県立萩商工高校 ベスト8 11月12日
香川 県立志度高校 準優勝 11月9日
愛媛 県立新居浜西高校 ベスト16 11月7日
徳島 県立富岡西高校 ベスト4 11月5日
高知 県立高知工業高校 ベスト8 11月6日
福岡 県立鞍手高校 ベスト16 11月12日
佐賀 県立鹿島高校 ベスト8 11月7日
長崎 鎮西学院高校 ベスト8 10月29日
熊本 県立熊本西高校 準優勝 11月9日
大分 県立津久見高校 ベスト4 11月7日
宮崎 県立都城西高校 ベスト8 11月5日
鹿児島 県立川内高校 ベスト8 11月2日
沖縄 県立普天間高校 ベスト8 11月9日

 

2019年選抜高校野球 出場予測

各地区の秋季大会があおわり、神宮大会は札幌大谷が優勝

北海道地区 出場校予測

明治神宮大会で札幌大谷が優勝し、明治神宮枠を札幌大谷が獲得
選抜出場の確定は間違いないでしょう。

北海道地区からの一般先行枠は1校ですが、北海道地区優勝校の札幌大谷が神宮枠を獲得したことで、準優勝の札幌第一が北海道地区から選出されると思われます。

準決勝で札幌大谷が対戦した駒大苫小牧の試合は、延長10回まで僅差のゲームをしていますが、やはり準優勝の札幌第一が有利になりそうです。

北海道地区秋季大会 学校名 予想
優勝 札幌大谷 神宮枠獲得
準優勝 札幌第一
ベスト4 駒大苫小牧
ベスト4 釧路湖陵

東北地区 出場校予測

東北地区からの一般選考枠は2校
東北地区優勝校の八戸学院光星と盛岡大付の2校で間違いないでしょう。

古川は、宮城大会で仙台育英に、17-3 で惨敗
秋季東北大会では、盛岡大付に、10-0 で6回コールド負けをしていますので、八戸学院光星と盛岡大付の2校の次は花巻東が優位かと思われます。
しかし、古川高校は、宮城の21世紀枠校に選出されていますので、選抜出場の可能性は花巻東よりも高いかもしれません。

東北地区秋季大会 学校名 予想
優勝 八戸学院光星 神宮大会2回戦敗退
準優勝 盛岡大付 秋季岩手大会優勝
ベスト4 古川 宮城 21世紀枠
ベスト4 花巻東 秋季岩手大会準優勝

 

関東・東京地区 出場校予測

関東4枠 東京1枠、残り1枠が比較対象となる、関東・東京地区

関東地区から4枠選出されるわけですが、関東地区大会ベスト4入りしている、桐蔭学園、春日部共栄、習志野、山梨学院はほぼ間違いないでしょう。

関東地区秋季大会 学校名 予想
優勝 桐蔭学園 神宮大会2回戦敗退
準優勝 春日部共栄 埼玉大会優勝
ベスト4 習志野 千葉大会準優勝
ベスト4 山梨学院 山梨大会準優勝
ベスト8 東海大甲府 山梨大会優勝
ベスト8 佐野日大 栃木大会優勝
ベスト8 横浜 神奈川大会優勝 ×
ベスト8 前橋育英 群馬大会優勝

 

東京地区から1枠選出される選抜高校野球
東京秋季大会では、国士舘が優勝していますので、選抜出場は確実でしょう。

東京秋季大会 学校名 予想
優勝 国士舘 神宮大会2回戦敗退
準優勝 東海大菅生 埼玉大会優勝

関東4枠、東京1枠、残り人枠をかけて、東海大甲府、佐野日大、横浜、前橋育英の選考争いが勃発します。

東海大甲府は、秋季山梨大会で優勝するも、関東大会 準々決勝で習志野に敗戦
佐野日大は、秋季栃木大会で優勝するも、関東大会 準々決勝で桐蔭学園に敗戦
横浜は、秋季神奈川大会で優勝するも、関東大会 準々決勝で春日部共栄に敗戦
前橋育英は、秋季群馬大会で優勝するも、関東大会 準々決勝で山梨学院に敗戦

4校ともに県大会で優勝するも、関東大会 準々決勝で負けています。
内容を見ると、横浜は春日部共栄に7回コールドで(9-2)で負けているので、印象は良くないでしょう。

東京秋季大会で準優勝の東海大菅生も見逃せない存在です。
国士舘との決勝戦では、1点差の好ゲームなだけに、滑り込む可能性もありそうです!

東海地区 出場校予測

東海地区の一般選考枠は2校のみ
東海地区優勝校の東邦、準優勝の津田学園の選出で間違いないでしょう。

東邦高校は、選抜出場29回。内、優勝4回 準優勝2回 を誇る古豪です。
2年連続での選抜出場になりそうです。

東海地区秋季大会 学校名 予想
優勝 東邦 神宮大会1回戦敗退
準優勝 津田学園 三重大会3位
ベスト4 中京学院大中京 岐阜大会優勝
ベスト4 中京大中京 愛知大会準優勝

 

北信越地区 出場校予測

北信越地区の一般選考枠は2校のみ
神宮大会準優勝の星稜、北信越大会準優勝の啓新で間違いないでしょう。

星稜のエース奥川投手に注目が集まります。
啓新の選抜出場が当確になると、春夏通じて初出場になります。

北信越地区秋季大会 学校名 予想
優勝 星稜 神宮大会準優勝
準優勝 啓新 福井大会3位
ベスト4 上田西 長野大会優勝
ベスト4 東海大諏訪 長野大会3位

 

近畿地区 出場校予測

激戦区の近畿地区からは、一般選考枠は6校

近畿地区大会上位4チームの、龍谷大平安、明石商、履正社、智弁和歌山は間違いないでしょう。
京都府、兵庫県、大阪府、和歌山県と地区が重なることもないので理想的な選出になるでしょう。

残りの2枠を福知山成美、報徳学園、大阪桐蔭、市和歌山で争うことになります。

市和歌山は、和歌山大会準優勝、近畿地区大会では龍谷大平安に5−4の1点差で準々決勝敗退
大阪桐蔭は、大阪大会準優勝、近畿地区大会では智弁和歌山に5−2の3点差で準々決勝敗退
報徳学園は、兵庫大会3位、近畿大会では明石商に4−0で準々決勝敗退
福知山成美は、京都大会優勝、近畿大会では履正社に5−0で準々決勝敗退

ただ、近畿地区大会準決勝の結果を見ると、

龍谷大平安 7 - 0 履正社  7回コールド
明石商 12 - 0 智弁和歌山  5回コールド

履正社、智弁和歌山はベスト4入りをしていますが、 コールド負けは印象が良くないですね。

龍谷大平安に5−4の1点差で準々決勝敗退した、市和歌山の力は履正社よりも高いのか?
明石商に4−0で準々決勝敗退した、報徳学園の力は智弁和歌山よりも高いのか?

残り2枠の選考予想が難しい・・・

近畿地区秋季大会 学校名 予想
優勝 龍谷大平安 神宮大会1回戦敗退
準優勝 明石商 福井大会3位
ベスト4 履正社 大阪大会優勝
ベスト4 智弁和歌山 和歌山大会優勝
ベスト8 福知山成美 京都大会優勝 ×
ベスト8 報徳学園 兵庫大会3位
ベスト8 大阪桐蔭 大阪大会準優勝 ×
ベスト8 市和歌山 和歌山大会準優勝

 

中国・四国地区 出場校予測

中国地区の一般選考枠は2枠
四国地区の一般選考枠は2枠
残り1枠を中国・四国地区から比較して選出されます。

中国地区からは、優勝校の広陵と米子東は間違いないでしょう。
四国地区からは、優勝校の高松商と松山聖陵は間違いないでしょう。

残り1枠を、呉、創志学園、富岡西、高知商での争いになります。

中国地区ベスト4入りした呉は、準決勝で米子東に敗戦していますが、延長13回からタイブレークでの敗戦となっています。
一方、同じくベスト4入りの創志学園は、準決勝で広陵に8回コールド負けをしています。
同じベスト4入りの呉と創志学園ですが、印象が良いのは呉ではないでしょうか。

四国地区のベスト4は、富岡西と徳島大会で3位ながらも四国地区準決勝で松山聖陵に5−3で敗戦
同じくベスト4入りの高知商業は、高知大会優勝で四国地区準決勝で高松商に10−4で敗戦
甲乙つけがたい結果だけに難しいですね・・・

そうなると、中国地区から呉が選出される可能性が高いかもしれませんね。

中国地区秋季大会 学校名
優勝 広陵 神宮大会準々決勝敗退
準優勝 米子東 鳥取大会準優勝
ベスト4 広島大会準優勝
ベスト4 創志学園 岡山大会3位

 

四国地区秋季大会 学校名
優勝 高松商 神宮大会準決勝敗退
準優勝 松山聖陵 鳥取大会準優勝
ベスト4 富岡西 愛媛大会3位
ベスト4 高知商 高知大会優勝

 

九州地区 出場校予測

九州地区の一般選考枠は4校
ベスト4入りした、筑陽学園、明豊、日章学園、大分の4校で決まりでしょう。

九州地区秋季大会 学校名
優勝 筑陽学園 神宮大会準決勝敗退
準優勝 明豊 鳥取大会準優勝
ベスト4 日章学園 愛媛大会3位
ベスト4 大分 高知大会優勝

2019年選抜高校野球 出場校予測 まとめ

札幌大谷
札幌第一
八戸学院光星
盛岡大付
桐蔭学園
春日部共栄
習志野
山梨学院
国士舘
東邦
津田学園
龍谷大平安
明石商
履正社
智弁和歌山
報徳学園
市和歌山
広陵
米子東
高松商
松山聖陵
筑陽学園
明豊
日章学園
大分

関連コンテンツ

-高校野球
-, , , , , ,

Copyright© 気まぐれレビューブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.