エンタメ

【パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊】最新情報 遂に予告動画が公開!

更新日:

【パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊】7月1日より全国公開

*画像出典:dramanavi.net

パイレーツ・オブ・カリビアンを知らない人は少ないのでは?
第4作目から6年の歳月経て、2017年7月に最新作【パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊】が公開になります!

最新作 【パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊】最新情報

かなり気になる最新作【パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊】ですが、今現在(2017.3月)までに発表されている情報をまとめてみました。

超大作のパイレーツ・オブ・カリビアンですが、まず気になるのは公開日です。

全米公開は当初、2017年7月7日からと発表されていましたが、2017年5月26日に前倒しされることが2016年1月発表されました。
これは、5月26日に公開が予定されていた『スター・ウォーズ エピソード8』が12月15日に先送りされたことを受けてではないかと言う噂もあります。

気になる日本公開予定は2017年8月11日と発表されていましたが、嬉しいことに前倒しされ2017年7月1日に公開されるようです!

・気になるストーリー
ジャック・スパロウは昔からのライバル、サラザールに追求されていた。サラザールは悪魔の海賊の乗組員と共に悪魔の三角形から脱出し、海賊全員を殺すことを決めた。ジャック・スパロウはサラザールを倒すために、所有者が海を完全にコントロールする強力なアーティファクト、ポセイドンのトライデントを探す。

キャスティングも気になります!

気になるキャスティング情報です。

・ジョニー・デップ -ジャック・スパロウ
・オーランド・ブルーム -ウィリアム・ターナー・ジュニア
・ハビエル・バルデム -サラザール
・ジェフリー・ラッシュ -ヘクター・バルボッサ
・カヤ・スコデラリオ -カリーナ・スミス
・ブレントン・スウェイツ -ヘンリー
・ケヴィン・マクナリー -ジョシャミー・ギブス

ウィリアム・ターナーにバルボッサなど、過去作品に登場するキャラも健在ですね!

予告編公開動画

Official 動画は再生数3,000,000回超えています!
この再生数だけを見ても、かなりのパイレールファンが期待をしている感じがわかります。

「パイレーツ・オブ・カリビアン-最後の海賊-」は、“ジャック・スパロウの誕生”と、彼への復讐に燃えるサラザールとの対決を描いています。

予告編では、若き日のジャックが登場し、サラザールとの過去の因縁が描かれています。

圧倒的な兵力で海賊を根絶やしにしようとするサラザールは、ジャックにはめられて不死の呪いをかけられ、“海の死神”としてジャックへの復讐復を開始する・・・。

今回の作品もド派手なアクションがみられるようです!

日本語字幕版も公開されましたよ!

 

パイレーツ・オブ・カリビアン を振り返る

知らない人は少ないと思いますが、パイレーツ・オブ・カリビアンを振り返ってみましょう!
ネタ元は、Wikipediaです。笑

『パイレーツ・オブ・カリビアン』(Pirates of the Caribbean)は、ゴア・ヴァービンスキー(1-3作目)及びロブ・マーシャル(4作目)監督、テッド・エリオット及びテリー・ロッシオ脚本、ジェリー・ブラッカイマー製作によるファンタジー・冒険映画シリーズ。

忘れてはいけないのポイントは、パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズは、ディズニー映画なんです。
ウォルト・ディズニーのテーマパーク、ディズニーランドのアトラクションであるカリブの海賊をベースとしています。
日本のディズニーランドにもありますね!カリブの海賊!

パイレーツ・オブ・カリビアン 第1作 呪われた海賊たち

パイレーツ・オブ・カリビアンの第1作目は、2003年に公開され、興行収入は全米で約3億500万ドルの大ヒットとなっています。

第1作目は、

「呪われた海賊たち」

というタイトルが付けられています。

・あらすじ
17世紀、海賊たちが大海原を荒らしまわっていた遥かなる時代。
カリブ海の港町ポートロイヤル。美しい総督の娘エリザベスはかつて海上で助けた少年ウィルが身につけていた黄金のメダルを手に入れ、今も密かに保管していた。そんなある日、突然ブラックパール号に乗ったキャプテン・バルボッサ率いる冷酷な海賊たちが町に現われ、エリザベスがさらわれてしまう。海賊の目的は、彼女がその時身につけていた例のメダルだった。
一方、鍛冶屋で働く逞しい若者へと成長したウィルは、幽閉されていた元ブラックパール号船長で一匹狼の海賊ジャック・スパロウと手を組み、エリザベスの救出に向かうのだが…。

パイレーツ・オブ・カリビアン 第2作 デッドマンズ・チェスト

第1作 呪われた海賊たち から3年時を経て、2006年7月に公開

日本では、わずか公開22日で興行収入60億円突破、最終的には100億円を突破した!
まさに社会現象ですね。
第2作は、

デッドマンズ・チェスト

というタイトルがつけられています。

*あらすじ
前作から3年後。結婚式を目前に控えたウィルとエリザベスだったが、海賊ジャック・スパロウに加担したことを理由に逮捕されてしまう。しかし東インド貿易会社のベケット卿は、ジャックの持つ「北を指していないコンパス」を渡せば二人を釈放するという。
一方、バルボッサからブラックパール号を取り戻し、再び船長に戻ったジャック。しかし彼は13年前、デイヴィ・ジョーンズと「血の契約」を交わしていた。
その内容は、ブラックパール号の船長となる代わりに、13年経ったらデイヴィ・ジョーンズのフライング・ダッチマン号の船員として働き続けなければならないというもの。
突然ジャックの前に現れたウィルの父親ビル・ターナーは契約の期限が迫っていることを告げる。
ジャックの掌には、契約の終わりを示す黒い烙印が表れていた・・・。

パイレーツ・オブ・カリビアン 第3作 ワールド・エンド


2003年公開の『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』のヒットにより制作された続編、デッドマンズ・チェストの後編になります。

日本では2007年5月25日(金)に公開され、3日間の興行収入は、日本記録を塗り替えたそうです。
3日間でなんと!9億4000万余りです。
そして観客動員148万人と記録があります!
また、スクリーンも史上最多の全国885スクリーンで公開されたそうです。

パイレーツフィーバーですね。笑

第3作は、

ワールド・エンド

とタイトルがつけられています。

*あらすじ
今や海賊たちの自由な時代は終焉を迎えようとしていた。
ベケット卿はジェームズ・ノリントンが持ち帰ったデイヴィ・ジョーンズの心臓を入手し、彼とフライング・ダッチマン号を操り、世界中の海賊達を葬っていた。捕えられた人々は次々と処刑されていったが、その中で処刑台に立った1人の少年が銀貨を手にしながらある歌を歌った。その歌はやがて処刑場にいた死刑囚全員が合唱するまでに広がる。
それは海賊たちに決起の時を伝える招集の歌だった。海賊たちが生き残るには選ばれし9人の「伝説の海賊」を招集し、一致団結して立ち向かうしか方法がなかった。しかし、その伝説の海賊の1人は前作でクラーケンに飲み込まれてしまったキャプテン・ジャック・スパロウだった。エリザベスやウィル、ブラック・パール号の乗組員たちは、ティア・ダルマの力で蘇ったキャプテン・バルボッサを船長に迎え、シンガポール海賊の長であるサオ・フェンから世界の果てへの海図を受け取り、ジャックの救出に向かうのだった。

デッドマンズ・チェストの続編ということで、巨大タコクラーケンであったり、バルボッサとか鍵を握るキャラなどが出てきますので、デッドマンズ・チェストを観た流れでワールドエンドを観ていただきたいですね〜。
一番は、第1作から観ることですが・・・。笑

パイレーツ・オブ・カリビアン 第4作 生命の泉

2011年5月に公開された、パイレーツ・オブ・カリビアン ー生命の泉ー は、3作目から4年経過しています。

この作品は、3D版でも上映されています。
全作品を劇場で鑑賞しましたが、3D版で観てはいません。
3Dは苦手・・・と言う人も多いと思います。
観ている間に気分が悪くなりそうなんですよね・・・。

1〜3作まではゴア・ヴァービンスキーが監督を務めましたが、4作目ではロブ・マーシャルが監督を務めています。

エリザベス・スワン役のキーラ・ナイトレイとウィル・ターナー役のオーランド・ブルームは出演を断っていたと言う情報もあります

第4作目は、

生命の泉

とタイトルがつけられています。

*あらすじ
イギリスのロンドンには、ジャック・スパロウとその相棒ギブスが潜伏していた。彼らの前に、かつて同じ名海賊としてジャックと幾多の抗争を繰り広げ、不滅の海賊魂を持っていたバルボッサが現れる。

だが、彼はスペイン王フェルナンド6世に対抗して「生命の泉」を探す英国王ジョージ2世に忠誠を誓い、いまや英国海軍に属し「サー」の称号を持つ公賊へと変貌していた。

時同じくしてジャックは、かつての恋人だった女海賊アンジェリカと再会したのを機に、史上最恐の海賊・黒ひげの「生命の泉」を巡る航海に巻き込まれる。永遠の命を狙う海賊黒ひげ、国王の命を受けたバルボッサ率いる英海軍、永遠の命という異教の対象を破壊せんとするスペイン海軍、そしてジャック。史上最強の海賊たちと国家権力の思惑が錯綜し、「生命の泉」を巡る波乱の航海が幕を開ける。

パイレーツ・オブ・カリビアン コレクション

関連コンテンツ

-エンタメ
-, , , , ,

Copyright© 気まぐれレビューブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.