格安SIM

auからマイネオに乗り換え手順 MNP手続きのタイミングと方法

投稿日:

auから格安SIMマイネオに乗り換える前の手順 MNPの手続きとタイミング

au MNP

auのiPhone6を利用していますが、端末代の支払いも終わり、auとの契約に魅力も無くなってきたので、毎月スマホにかかるコストを抑えるために格安SIMの「マイネオ」に乗り換えることを決めました。

格安SIM(スマホ)の実店舗は少なく、近隣に実店舗がない場合は店頭で契約手続きを行うのは難しいです。

格安SIMを使ってみたいけど・・・ご自身でネットで契約し、スマホにSIMを差し込み設定を行うのは難しいと思っていませんか?

実は、この記事で紹介する格安SIMに乗り換える手順「MNP手続きとタイミング」を実践すると、誰でも簡単に格安SIMに乗り換える1stステップであるMNP手続きが完了します。

この記事では、auユーザーのMNP手続きのポイントを簡単に分かりやすく説明しています。

記事を読み終えると、auスマホから格安SIMへ乗り換える不安を解消することができます。

鉄男
auユーザに特化した記事のため、他キャリアスマホを利用している場合は、参考程度にみていただければと思います。

MNP手続きの前に確認すること

MNP(番号ポータビリティ)手続きは、携帯電話会社を変更する場合に、電話番号はそのままで、変更後の携帯電話会社のサービスをご利用できる制度です。

つまり、auのキャリアスマホから格安SIMに乗り換えるが、電話番号は引き続き使うことができるということです。

今回の筆者の場合は、auからマイネオに変更するけど、電話番号はau時代のものから引き続き使うことができます。

以前は、携帯会社を変更するたびに電話番号が変わっていましたが、もはや大昔の時代です。

MNP手続きを行うと、自動的に元の携帯電話会社との契約は終了します。

そこで、重要になるのが、MNP手続きを行う前に現在の契約内容を確認することが大切です。

理由は、「2年縛り」などの縛り契約がある場合に違約金が発生することがあるからです。

auユーザーで契約内容を確認する方法は以前の記事でも説明していますので、読んでみてください。

2年縛り au
au 2年縛りを確認して格安SIMマイネオに乗り換えると節約できる

Contents1 auからマイネオ格安SIMに乗り換える時の解約方法と注意点1.1 乗り換え前に契約の縛りを確認すること1.2 auの契約内容を確認する方法1.3 2年縛り中でも解約する方がコスト削 ...

続きを見る

電話にてMNP手続きを行う際、オペレーターから説明もあるので確認することも可能でした。

auから格安SIMに乗り換えるMNPの手続き方法

格安SIM「マイネオ」に乗り換えることを決意し、契約内容も確認を終え次に行うのが「MNP(番号ポータビリティ)」です。

  • 電話番号を継続的に利用する場合は、MNPの手続きを行いましょう。
  • 電話番号を変更する場合は、MNPの手続きをする必要はありません。

auユーザーのMNP手続き方法をご紹介します。

手続方法は2種類あります。

【auショップにてMNP手続きを行う】
auショップの店頭に行けば特に迷うことなくMNP手続きが完了します。
店頭に足を運ぶ必要があり、混雑時には待ち時間も出る場合があるので、時間がない人には若干面倒に感じます。

【電話でMNP手続きを行う】
店頭に行くのが面倒な人は、電話での手続きがおすすめです。
受付時間は9:00〜20:00
電話番号は、0077−75470 無料 au携帯電話、一般電話共通
*契約者本人からの手続きが必要です

電話手続きのポイント

電話手続きの際、4桁の暗証番号を確認されますので、事前に確認しましょう。
忘れている場合は、変更(確認)作業を行いましょう!変更確認はこちら

オペーレーターさんが契約内容の確認をしてくれます。
ここで、2年縛りなどがないかや、違約金が発生しないかなど教えてくれます。

他にも色々と質問されます。

  • 他社へ乗り換える予定なのか
  • 他社はどこなのか
  • 乗り換えの理由は

ちょっと面倒な感じがしますが・・・答えたくない人のそ旨を伝えましょう。

「クーポンを発行するからauに残ってくれない?」的な説明がありました。
筆者の場合は、15,000円のクーポンの案内があり、心グラつきましたがお断りしました。

MNPを行う際は、強い意志を持って行なってください。笑

約5分ほどのオペレーションでMNPの予約番号が口頭で伝えられます。

予約番号をメモする必要がありますが、後ほどSMSで届くので安心してください。

au MNP

上記の方法でMNPの予約番号は発行されますが、有効期限は発行から15日間となっています。

発行から15日以内に乗り換えを行わないと無効になるので注意しましょう。

鉄男
auキャリアから格安SIMに乗り換えるタイミングがとても重要になります。

続いて乗り換えのタイミングについてご説明します。

auからマイネオに乗り換えるタイミング

auから格安SIMのマイネオに乗り換え手続きを行うタイミンがポイントになります。

マイネオと契約する場合、MNP番号が必要になるので、最初の手順としては上記に説明したMNP番号の手続きです。

続いて行うのが、マイネオとの契約になりますが、auからMNP番号を取得する際のベストなタイミングは、月中旬になります。

理由は、auの解約事情です。

auを月途中で解約した場合、利用料金が日割り計算にならない場合があります。

当初、日割り計算になるものだと思い込み、月末にMNP手続きをして、月初にマイネオと契約しようと思っていましたが、MNP手続きのオペレーターのお姉さんから日割りにならないと告知がありました。

月初でMNPを完了させると、auの利用料金を1ヶ月分変わらず支払うことになるのでもったいないですよね。

タイミングとしては、auの解約を月末にできる限り近づけたほうが良いでしょう。

au 日割り計算

マイネオの公式サイトに掲載されている説明にも注意が必要です。

「MNP予約番号の有効期限が10日以上残っている状態でのお申し込みをお願いいたします。」

お申し込みから商品お届けまで、3日~4日程度の見込みです。

 

これも頭に入れながら乗り換えのタイミングを計算しましょう。

鉄男
理想的なタイミングは15日頃の手続き開始ではないでしょうか!
  • 理想的なタイミングは、15日(月中旬)頃にauからMNP予約番号をもらう。
  • 17日〜18日にマイネオとwebで契約を行う。
  • 21日〜22日にマイネオSIMカードが届く
  • 23日〜月末にかけて端末にSIMカードを入れて初期設定行いマイネオ利用開始

 

マイネオに申し込む際に準備が必要なものも押さえておきましょう。

  • クレジットカード
  • メールアドレスと電話番号
  • 本人確認書類
  • MNP予約番号

本人確認書類は、運転免許証、運転経歴証明書などを携帯電話のカメラ、デジタルカメラ、スキャナーなどで読み取り、データをアップロードします。

 

まとめ

auのMNP番号ポータビリティの予約番号の取得方法はご理解いただけましたか?

MNPの手続きの前に、現在の契約状況を確認することをお勧めします。
MNPのオペレーターからも再度確認できますが、事前に確認しておくことでスムーズに手続きが進むでしょう。

マイネオの契約はwebで完結しますが、事前に準備するものもあるので、必ず確認しましょう。

鉄男
この記事のポイントは以下になります。

  • MNP手続きの前にau契約状況を確認する
  • auのMNP手続きは、電話もしくは店頭で行うことができる
  • 電話手続きの際は、auの暗証番号の確認がある
  • MNPオペレーターから契約内容の説明もある
  • MNPオペレーターから乗り換えについて質問される
  • MNP予約番号はSMSで送られてくる
  • MNP予約番号の有効期間は、発行から15日間
  • auの途中解約は日割り計算されない場合もある
  • auのMNP手続きは、月中頃がおすすめ
  • マイネオの契約にはMNP予約番号が必要(*乗り換えの場合)

マイネオでコスト削減

マイネオに今すぐ申し込む

人気格安SIMはマイネオ

関連コンテンツ

-格安SIM
-, , , , ,

Copyright© 気まぐれレビューブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.