岐阜観光 観光

ぎふ清流里山公園(旧昭和村)遊んできた感想、駐車場、混雑状況、飲食店など

更新日:

ぎふ清流里山公園

ぎふ清流里山公園(旧昭和村)遊んできた感想、駐車場、GW混雑状況

花粉の季節も終わり、暖かい日も続く5月
5月と言えば、大型連休の「ゴールデンウィーク」です。

子どもも大人も、お出かけしたり、旅行や里帰りなどでテンション上がる大型連休です。
どこに行くにも混雑、高速道路は渋滞・・・お父さんにとっては「辛い連休」なんて思うかもしれませんが、家族が喜ぶためなら笑顔で頑張りましょう!

そんなことで、ゴールデンウィークは前半・後半と別れることもあります。

鉄男
4月末に岐阜県にある最新スポット「ぎふ清流里山公園」にお出かけしてきました。

ぎふ清流里山公園は、岐阜県美濃加茂市にある大型の自然公園です。
ゴールデンウィークに行ってきましたので、混雑状況、飲食情報、見どころなど、まとめてみました!

鉄男
最新スポットだけに、大型連休中の混雑は覚悟して行きましょう!

ぎふ清流里山公園は、岐阜県の美濃加茂市にある自然あふれる公園で、東海環状自動車道「美濃加茂Ic」降りてすぐの場所にあります。

ぎふ清流里山公園は、新しく建設された公園ではなく、以前は「昭和村」として営業していた施設が、名称を改め2018年4月8日「ぎふ清流里山公園」として生まれ変わりました。

注目すべきところは、何と言っても入場料が必要ない!無料で園内に入ることが可能です。

「昭和村」へ入場したことがある人には想像ができると思いますが、「ぎふ清流里山公園」と名称が変わっていますが、「昭和村」の建物を残しつつリニューアルしています。

入園料が無料になったことで、家族で気軽に足を運ぶことが出来る施設へと変わっています。



ぎふ清流里山公園の場所 アクセス方法

ぎふ清流里山公園の場所jは、とてもアクセスの良い立地になっています。
東海環状自動車道 美濃加茂ICを降りて直ぐの場所にありますので、アクセスは抜群です。

東海環状自動車道で行く場合、高速道路から標識に従いハイウェイオアシス(美濃加茂SA・ぎふ清流里山公園方向)へ進み、その後ぎふ清流里山公園とSAの分岐がありますのでぎふ清流里山公園方向へ進みます。
(美濃加茂SAに入るとぎふ清流里山公園には行けません)
〈本線→ぎふ清流里山公園→SA→本線・出口〉

混雑時には駐車場入り口付近で渋滞していますので、心にゆとりを持ちましょう!笑

鉄男
美濃加茂IC降りて直ぐですが、混雑時は駐車場で渋滞もあります。

ぎふ清流里山公園のコンセプト

昭和村から「ぎふ清流里山公園」に名称を変更し、リニューアルした新しい公園へと生まれ変わったわけですが、どのようなコンエプとで設計されているのかみてみましょう!

岐阜県のホームページによると、下記のような記載があります。

メモ

 平成記念公園「日本昭和村」は、「岐阜県都市公園活性化基本戦略」(平成28年10月策定)に基づき、平成30年4月から新たなコンセプトの公園(入園無料)として生まれ変わります。

日本昭和村から新しいコンセプトとしてリニューアルしていることがわかります。

「ぎふ清流里山公園」ホームページを見るとよく分かりますが、「里山公園」と名称がつくだけに、「自然」が一つのテーマになっているように思います。
岐阜県というと田舎のイメージが強いと思いますが、「ぎふ清流里山公園」がある美濃加茂市は、都心部でもなく「里山」というネーミングがよく合います。

豊かな自然の中で、里山体験ができる子どもは喜び、大人はどこか懐かしい雰囲気を味うことができる公園になっています。

実際に足を運んで見ると、どこか懐かしい雰囲気があり、昭和テイストが漂う場所もあります。
体験コーナーも様々で、万華鏡づくり、せんべい焼き、乗馬など多彩な体験コーナガーがあります。

鉄男
園内も広く、1日で全ての体験を行うのは難しいです。
特に大型連休中は、混み合うので注意が必要です。

ぎふ清流里山公園

ぎふ清流里山公園 営業時間

ぎふ清流里山公園の営業時間について公式サイトに掲載されています。
季節によって営業時間が若干変動があります。

営業時間 3月~11月 9:00~18:00
12月~2月 10:00~17:00
里山の湯 10:00~22:00
定休日 3月~11月 無休
12月~2月 水曜定休
里山の湯 無休

ぎふ清流里山公園 里山の湯

里山の湯

ぎふ清流里山公園内には、入浴施設も併設されています。
「里山の湯」と言う名前で、懐かしい感じがする建物となっています。

懐かしい番台と富士山が描かれた壁面があるそうです。
一度足を運んでみたい入浴施設です!

メモ里山の湯 詳細

ご利用時間:10:00~22:00
入浴料  :大人(中学生以上) 平日:600円 土日祝:700円
入浴料  :小人(4歳~小学生)全日:300円
入浴料  :12枚回数券(大人6,500円、小人3,000円)

*浴室には、ボディソープ、リンスインシャンプー、脱衣室にはドライヤーを備えつけあり
*タオル、バスタオルは別売り

ぎふ清流里山公園 食事処の混雑状況

ぎふ清流里山公園

4月8日にオープンした「ぎふ清流里山公園」
ゴールデンウィーク前には、地元の報道番組やお出かけ情報サイトなどに掲載されたい影響からか、ゴールデンウィーク前半でもかなりの混雑でした。

駐車場にはなんとか入る事が出来ましたが、、、
体験コーナーの待ち時間や、駄菓子屋さん、飲食店などはかなり行列になっています。

4月30日に初訪問した時は、お弁当など持たずに行きましたので、現地で昼食を食べることにしました。

12時前ぐらいにキッチンカーの「ロングポテト」「唐揚げ」を購入しましたが、購入までに30分ほど時間がかかりました。
さらに、団子と五平餅を購入するため列に並びましたが・・・ここでも30分ほど待ちです。

待つことにストレスを感じる人は、現地での昼食購入はあまりお勧めできません。
お弁当持参することをお勧めします。

東海地方でお馴染みの「ロバのパン」もありましたが、ここも行列でした。

園内の飲食店はいくつかありましたが、連休中のご飯タイムはどこも行列です。

  • /入り口付近の里山カフェ
  • だんご茶屋
  • ロバのパン
  • 農家レストラン やまびこ
  • そば家とうげ
  • 軽食けやき
  • 山之上商店(うどん)
  • 軽食どんぐり
  • 里山食堂

ぎふ清流里山公園

鉄男
連休中は、食事を食べるのも一苦労です。行列に並ぶ覚悟が必要になるでしょう。お弁当持参がお勧めです。

ぎふ清流里山公園 体験コーナ・混雑状況

ぎふ清流里山公園の特徴言えば、様々な体験ができることです。
昔懐かしい体験なども子どもに経験させることも可能です。

いろどり工房 染色・織機・和紙クラフト体験
入場口から直ぐ近くにある体験コーナーが、染色や万華鏡づくりなどがある「いろどり工房」です。
午前10:30頃に入店しましたが、少しの待ち時間で万華鏡体験が可能でした。
子どもは喜んで体験していました!

所要時間は20分ほどです。
店内は広くは無いので、混雑時はベビカーでの入店は厳しいので、お父さんはベビカーと外で待機していました。笑

ぎふ清流里山公園*子供が作成した万華鏡

鶴次郎商店 せんべい手焼き体験
園内の中程に進むと、やたらと行列ができているのが、「せんべい手焼き体験」ができる鶴次郎商店
手焼き体験は、2枚で150円なので、リーズナブルに楽しむ事が出来ます!
かなり人気の体験コーナーなので、夕方になっても列ができていました。
なつかし工房 食の体験
なつかし工房では、食の体験を行う事が出来ます。
  • とうふ作り 30分 900円
  • こんにゃく作り 50分 900円
  • パン作り 80分 800円
  • アイスクリーム作り(30分) 2人1組 1,200円
  • ピザ作り(90分) 2人1組 2,000円
出来上がった料理はその場で食べる事が可能です!
あじさい工芸館
あじさい工芸館では、そば打ちの体験ができます。
そば打ち体験は、一度やってみるとまたやりたくなります。
もっと美味しい蕎麦を作ってみたくなりますよ!

2人1組 2,200円
3人1組 3,300円

陶芸教室
  • 手びねり(60分) 1,500円
  • 電動ろくろ(要予約)(60分) 2,800円
  • 絵付け(40分~) 600円~1,000円
  • 光る泥だんご作り(40分) 600円~1,200円
里山ふれあい牧場
ぎふ清流里山公園の最端にある「里山ふれあい牧場」
牧場入り口付近には、「軽食 けやき」もありますので、一息つくことも可能です。
橋を渡ると乗馬ゾーンがあり、その先には動物とのふれあいゾーンがあります。
乗馬もゴールデンウィーク中は行列が出来ています。

ヤギやヒツジに餌やりもできます。
100円でガチャガチャを回すと餌を購入できます。

  • 乗馬 1人乗り(5歳以上) 800円
  • 乗馬 ポニー (140cm以下、3歳以上) 500円
  • 【動物とのふれあい】
  • ヤギ、ヒツジ、ニワトリ、ウサギ、モルモット

 

ぎふ清流里山公園 混雑状況まとめ

4月30日、ゴールデンウィーク前半に行った「ぎふ清流里山公園」
初めて訪れたので、混雑状況などわからず行き当たりばったり感満載の1日でした。
体験コーナー全てを制覇するのは、1日では難しいです。
特に連休中は、食事を購入するのも長蛇の列なので、時間に余裕をもって行動しましょう。

体験コーナーは、この記事で紹介していないアクティビティーなどもあります。
ゴーカート、自転車、インモーション、坂滑りなど、様々な遊び場がありますが、どれも行列です。
それぞれ料金がかかりますので、入園料は無料ですが・・・最終的に食事を入れると3,000円〜5,000円は使っていました。笑

お土産コーナーには、岐阜のお土産が品数豊富にあり、採れたて野菜も購入できます。
飛騨高山の銘菓や名産品などもありました。

鉄男
4月にオープンしたばかりなので、しばらくは混雑しそうです。
観光バスなども来ていましたので、ツアーにも組み込まれているかもしれません。
祝日や、土日は混雑を覚悟していきましょう!

 

ぎふ清流里山公園運営会社 シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社

ぎふ清流里山公園の受諾運営会社は、シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社てす。
シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社は、道の駅や宿泊・温浴施設、観光施設など全国で約30カ所の施設を受託運営しているノウハウがある企業です。

「シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社」は、あのカラオケSHIDAXのグループ会社のようです。

正式名称:ぎふ清流里山公園
住所:岐阜県美濃加茂市山之上町2292番地1
敷地面積:約107.7ha
受託運営期間:2018年4月1日(日)~2025年3月31日(月)
受託運営グループ:ぎふ清流里山公園みらい創造グループ
<受託運営構成(協力)企業>
代表:シダックス大新東ヒューマンサービス株式会社
構成:株式会社みのかもファーマーズ倶楽部
協力:大和リース株式会社
TEL:0574-23-0066

関連コンテンツ

-岐阜観光, 観光
-, , ,

Copyright© 気まぐれレビューブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.