エンタメ

木村拓哉主演テレビ朝系ドラマ『BG』主役級キャストが豪華すぎる!

投稿日:

「ドラマSP」、「CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班」など、ハードなアクションシーンを描く警視庁や公安などのドラマは高視聴率を記録しています。

演じるV6岡田や小栗旬などハマリ役もヒットする理由かもしれません。

2018年1月からスタートするテレビ朝日系木曜ドラマが、豪華キャスト過ぎると注目を集めています!

テレビ朝系ドラマ『BG』主役級キャストが豪華すぎる!

2018年1月放送開始のテレビ朝日系ドラマ

 

『BG(ビージー)~身辺警護人~(仮)』

 

主演を演じるのは、元スマップの木村拓哉ということもあり、注目を集めていますが、他のキャストも主役級が並ぶ豪華すぎると話題になっています。

『BG』wiki情報

BG(ビージー)~身辺警護人~(仮)』は、脚本家・井上由美子氏の完全オリジナル

拳銃や殺傷能力の高い武器などを一切持たずにクライアントを護る、民間の警備会社で“ボディーガード”として働く男たちの危険と隣合わせの戦いの日々を描くドラマ

「ドラマSP」や「CRISIS(クライシス) 公安機動捜査隊特捜班」との大きな違いは、

 

民間の警備会社 というところですね。
民間警備会社なので「拳銃」は持てないですが、殺傷能力の高い武器も持たないということなので、かなりのアクションシーンが予測されます。
ロシアの実践的護身術「システマ」などをキムタクが稽古しているかもしれませんね。

出演俳優陣が豪華すぎるのも注目です。

民間の警備会社の身辺警護課所属する役を演じるのは、
木村拓哉、斎藤工、菜々緒、間宮祥太朗、上川隆也

菜々緒がストイックに筋トレに励んでいるのは、ボディーガード役を演じる為なのかもしれませんね。

『BG』主役級キャスト!

≪身辺警護課メンバー≫

島崎 章(しまざき・あきら) 木村拓哉

民間の警備会社の身辺警護課所属。
かつては敏腕のボディーガードとして働いていたが、ある出来事をきっかけに、工事現場の一警備員となっていた。
しかし身辺警護課の新設を機に、復帰を決意。過去は隠し、ほかのメンバーと同じく“新人ボディーガード”として着任する。
チームの仲間たちからは頼りない存在だと思われているが、ボディーガードとしてのスキルは卓越したものがあり、徐々にそれが明らかに…。
私生活では、中学生の息子とふたり暮らしだが、息子の思春期もともなってか、いまいち円滑なコミュニケーションはとれていない。

高梨雅也(たかなし・まさや) 斎藤工

身辺警護課所属。元自衛隊員ということもあり、新人ボディーガードの中では卓越した能力を持っている。その為、他のメンバーを見下しているところも。性格は、よく言えばまっすぐで情熱的、悪く言えば思いこみが激しく融通が利かない。

菅沼まゆ(すがぬま・まゆ) 菜々緒

身辺警護課所属。メンバー唯一の女性ボディーガード。かつては将来を有望視される柔道選手で、運動神経は抜群。ボディーガードの仕事は、お金のためと割り切っていて、危険手当の出る仕事には食いつく。

沢口正太郎(さわぐち・せいたろう) 間宮祥太朗

身辺警護課所属。就活戦線に失敗。どこからも内定を貰えず、渋々就職した先が警備会社だった。よくも悪くも今時の若者で、物事を深く考えずノリが軽い。

村田五郎(むらた・ごろう) 上川隆也

身辺警護課の課長。新設された身辺警護課に集まった個性豊かなメンバーをとりまとめる存在。柔らかな物腰で、常に冷静、課長としてメンバーひとりひとりを良く見ている。

≪政治家≫

立原愛子(たちはら・あいこ) 石田ゆり子

厚生労働大臣。
知的な美貌で、人気のキャスターだったが、8年前、衆議院に立候補。有権者(特に男性)から圧倒的な支持を受け、見事トップ当選。女性の立場を生かす旗印のため厚生労働大臣に抜擢された。上昇志向が強く、そのためには手段を選ばない。

≪警視庁・SP≫

落合義明(おちあい・よしあき) 江口洋介

警視庁SP。警視庁入庁後、所轄勤務を経て、警護課へ配属。
秀でた能力、広範な知識、冷静な判断力から、早々にSPを任命された。
特技は拳銃。特定の警護対象者にはつかず、緊急かつ重要な対象者の警護にあたっている。
武器を持たない民間の警備会社が身辺警護に当たることを良く思っておらず、同じ現場になっても全く相手にしない。

関連コンテンツ

-エンタメ
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© 気まぐれレビューブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.