ネット副業からプラレールまで気ままになんでもレビューします!

健康

ヘルシースナッキング!間食しても太らないセレブも注目の健康的ダイエットでドカ食い防止

投稿日:

注目の健康的な間食習慣ヘルシースナッキング


間食こまめにとり入れて空腹状態を作らないことで、ドカ食いや極端な空腹を避けるという考え方で、美容と健康のためにたくさんのセレブが実施していると言う食習慣です!

ダイエットするのに食べていいの!?疑問が出ますよね?
ヘルシースナッキングについて調査してみました。

ヘルシースナッキングてなに!?

「ヘルシースナッキング」とは、今米国のトレンドをリードする「ミレニアルズ世代」に大人気の健康習慣

「ミレニアルズ(Millennials)」とは、2000年以降に成人になった、現在20~35歳くらいの若者のことを指すそうです。

「スナッキング」とは、「間食」という意味があるそうです。
スナッキングの前に「ヘルシー」と付いていますので、健康的な間食という意味になりますね。

間食と聞くとと太るイメージが強くありますが、小まめに食事を行うことで極端な空腹を作らず、ドカ食いを避けることができると言われています。

ヘルシースナッキングとは、健康的な間食を取り入れ、極端な空腹を減らすという事になります。

ヘルシースナッキングのダイエット効果

ヘスシースナッキングで間食を取り入れるのですが、ジャンクフードやスナック菓子を食べていてはダイエットにはならないですよね。

「健康的な間食」を取り入れる事で、ダイエット効果を発揮します。
ここはお間違えのないように!
食材については後ほど・・・

ヘルシースナッキングのダイエット効果は、極端な空腹を減らす事でドカ食いを避けることが可能です。

仕事をしていても、ランチから夕食までの時間は比較的長い時間が空きますので、帰宅時にはかなり空腹になっています。
夕方にはお腹が鳴っていますので…。笑

空腹になりにくくなることで、血糖値の上昇を抑えることも可能と言われています。
血糖値の急上昇を抑えることで、インスリンの分泌量を抑え太りにくい状態になっていきます。

インスリンという言葉をなんとなく聞いたこともあると思いますが、

インスリンには、使いきれなかった糖を脂肪に変えて蓄える働きがあると言われています。

血糖値の急上昇は、インスリンが大量に分泌されると太りやすくなると言うことです。

ヘルシースナッキングのやり方

健康的な食材を間食で摂るということですが、どのような食材を摂るのが良いのでしょうか?

空腹感は摂食中枢が興奮すると生まれ、摂食中枢を興奮させるのが、血液中の「遊離脂肪酸」と言われています。

遊離脂肪酸は、糖質を摂取すると減少するため、ヘルシースナッキングを行う際にはある程度の糖質が含まれたほうが良いと言われています。

ただし血糖値を急上昇させてはインスリンの分泌量に影響が出ますので、糖質の吸収を緩やかにする「食物繊維」が豊富に含まれる穀類や豆類などが良いと考えられます。

それに加えて、体を作るのに欠かせない「たんぱく質」が多いものを選ぶと良いでしょう。

ヘルシースナッキングをシンプルに

インスリンとか、遊離脂肪酸とか難しい用語やエビデンスはあるようですが・・・
あまり難しく考える必要もなく、シンプルに考えて取り入れていきたいですね。

「無理なく健康的に食べてダイエット」できるのがヘルシースナッキングの注目すべき点です。

やり方もシンプルに

・14~15時の間に200Kcalを目安に食べる
・たんぱく質と食物繊維を含む食品を選ぶ

ドライフルーやナッツなどを食べるのも手軽です。
今、コンビニには健康系の食品が多く陳列しています。
コンビニ各社で手軽に購入できるのがありがたいですね!

おやつにスナック菓子やチョコなどを買う代わりにヘルシースナッキング用のおやつを購入しましょう!笑

森永製菓の「ヘルシースナッキング」

ドライフルーツやナッツなどでも良いのですが、森永製菓から「ヘルシースナッキング」という名の商品が発売されています!

まさにヘルシースナッキングの為の商品

クッキータイプの商品は200kcal以下に抑えられ、たんぱく質と食物繊維をバランスよく含んだ商品です。

グミタイプの商品もあり、こちらは85kcalとカロリーが気になる方にグミタイプがオススメですね!

 

関連コンテンツ

-健康
-, , , , ,

Copyright© 気まぐれレビューブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.