ネット副業からプラレールまで気ままになんでもレビューします!

プラレール

プラレール阪急電鉄1000系 伝統カラー「マルーン」カラーを継承した1000系プラレール開封レビュー

投稿日:

プラレール阪急電鉄1000系 開封レビュー


プラレールデビュー当時は、ベーシックセットで楽しんでいました、徐々に欲が出てきますね。笑
今回は、複線レールというアイテムを購入し、さらに新し車両阪急電鉄1000系を購入してみました!

阪急電鉄1000系

阪急電車は関西圏にお住いの方であれば、馴染みのある電鉄会社じゃないでしょうか。
関西圏においては、JR、阪神、阪急、京阪、近鉄、といくつか電鉄会社がありますね。

東海圏の筆者にとっては、あまり馴染みのない阪急ですが・・・
実は、20代半ば頃、阪急沿線に移住していましたので、とても馴染みがあり思い出深い阪急電車です。

「阪急電車で梅田までよく行ったな〜」

なんて思い出しながら、今回は阪急1000系プラレールを購入しました!

阪急1000系についてWikipediaに掲載されていました。

阪急1000系電車は、阪急電鉄が2013年(平成25年)より製造を開始した、神戸線・宝塚線向けの通勤形電車。

2013年11月28日に神戸線で、翌月25日に宝塚線で営業運転を開始した。

なんと、阪急電鉄の公式ホームページに、「阪急電鉄1000系スペシャルサイト」というものがありました。

http://www.hankyu.co.jp/hankyu1000/

スペシャルサイトによると、伝統ある「マルーン」カラーを継承と記載されています。
「マルーン」て、あまり聞きませんよね?

マルーン(英: maroon)は、暗い茶色から、紫がかった赤にかけての色。 えび茶色(えんじ)。 栗色(くりいろ)

阪急電車の色がマルーン色と言うことです。
確かに阪急電車といえばこの色ですね。

Youtubeに阪急1000系の動画がUPされていました!

 

プラレール 阪急電鉄1000系

今回購入したプラレールは、阪急電鉄1000系

商品名 阪急電鉄 1000系
発売日 2016年10月27日
希望小売価格 2,200円(税抜)
電池 単3乾電池1本使用(別売)
Amazon価格 1,518円(2017.3.3現在)

 

プラレール阪急電鉄1000系を開封してみた

現在保有しているプラレール車両は、サウンドN700系新幹線とトーマス
今回加わったのが、阪急電鉄1000系です!

プラレール阪急電鉄1000系は、のせかえOK!車両になっています。


開封すると、3両とも袋包装されています。
車両の間には発泡スチロールが入っていました。

画像は先頭車両になります。

これが伝承されるマルーンカラーの1000系です。
先頭車両には、【梅田】、【特急】と記載されていますね。
側面には「1000」と記載されています。

阪急電鉄9000系

阪急電車1000系の購入先は、某玩具量販店
店舗で買うよりも、圧倒的にAmazon派なんですが、今回は商品券も持っていたので店舗購入にしました。

店頭には、1000系と9000系の2種類並んでいました。

阪急9000系電車は、2006年(平成18年)より製造を開始した阪急電鉄の通勤形電車です。
プラレールでは、販売中止になっているようです。
9000系の販売終了という流れから、1000系が発売されたようです。

9000系はAmazonでも販売されています。

関連コンテンツ

-プラレール
-, , , , ,

Copyright© 気まぐれレビューブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.