ネット副業からプラレールまで気ままになんでもレビューします!

Life アイテム

自作手帳リフィルを作成してみたら意外に簡単だった!2017年手帳を作ってみた!

更新日:

day-planner-828611_1920
仕事やプライベートで手帳を使っていますか?
男性でこまめに手帳を使う方は多くはないのかもしれませんが・・・
手帳をうまく使うことで、タイムマネジメントが上手くできるようになったりもします。
スケジュールを書き入れたり、目標設定に使ったり、用途はひとそれぞれだと思います。
手帳の活用方法や使い方に関しては、またの機会に記事にしたいと思いますが、、、
そんな手帳も自作も可能なんです!

自作手帳を作ってみたら意外に簡単だった!

あるセミナーで手帳をうまく活用することを学びましたが、手帳を買うと結構高い!
セミナー主催会社のオリジナル手帳なんですが、1年分購入するだけでも高いのでちょっと・・・

そんなこともあり、自分で印刷した方が安くないか!?と思い、自作手帳作りを始めました。
実際に自作手帳を作ってみたのでレビューしてみます。

手帳の種類

一言で手帳と言いましても、手帳サイズからマンスリー・ウィークリー・デイリーなど種類は豊富です。
更に手帳ではなく、グーグルカレンダーや、スマホアプリなんかにもスケジュール管理が可能なツールもあります。

アプリなどで管理できてしまう人もいるでしょう。
ただ、あくまでスケジュール管理のみ可能なので、スケジュール管理以上のことは難しいかもしれませんね。
え?スケジュール管理以外に何するの?と思う方もいるかと思いますが・・・。
手帳の使い方の本とかも数多く出ていますし、セミナーなんかもあったりしますね。

手帳の中には時間管理だけではなく、人生の目標を書き込んだり、1年間の目標を書いてみたり、年間から1ヶ月、さらに1週間からその日の行動目標など書き込んで、1日の時間管理をうまく使うことも可能にしてくれるのは手帳です。

デジタルではなく、アナログだから出来ることが意外に多い気がします。

手帳には様々なサイズもある、代表的な手帳サイズとしては下記のような種類があります。

・バイブル
・A6
・B6
・A5
・A4

小さくなれば鞄への収納も困らないですが、書き込みが小さな文字になるので苦手な方も多いかと思います。
A4サイズだと字の書き込みは安易なんですが、鞄の中で場所を取りますよね・・・

手帳は目標設定管理に最適なツールです

手帳と言うと、スケジュール管理を一番に思い浮かべますが、単にスケジュールを管理するだけではなく様々な用途に使うことができます。
先にも書きましたが、その一つが目標設定管理ではないでしょうか!
ビジネスマンの人も学生さんでも主婦の方でも何かしらの目標を設定し生きていく方が達成かを持って充実しますよね。
手帳に目標を書き込み、毎日目標を目で確認し声に出す。
手帳は毎日持ち歩きスケジュールを確認したり、新たなスケジュールを書き込んだりします。
毎日使うものだからこそ自身の目標を毎日目にすることができる。

自分で設定した目標に対して行動が取れているのか
何をすることで目標を達成できるか

など、常に考えることができるのが手帳でもあります。
自作手帳でいきなり目標設定までは・・・。なんて方は、市販されている手帳で何度か試してみるのも良いかと思います。

リフィルとはどんな手帳?

リフィルタイプの物と冊子タイプの物にも分けることもできます。
リフィルという言葉は聞き慣れない言葉だと思います。

リフィルまたはレフィル(英: Refill)は、詰め替え用品のこと。
従来はボールペンの替え芯、ルーズリーフやシステム手帳の用紙など、主に文房具のみを指すこともあった。
*wikipediaより

要するに、手帳に挟む紙のことです。
私が使っているのは、下記の2タイプ
img_5776
厚口に用紙にインクジェットプリンターから印刷をかけて自作手帳作成しています。
若干厚目なので、書き込みもスムーズに行えます。
再生紙の物は、メモ用紙としてリフィル手帳に挟んでいます。
これらの用紙は、最初から6穴が空いていますので、6穴パンチも必要無く印刷するだけです。

なかなか店頭で見つからず、ネットでも見付からずでしたが、なんとか両方ともAmazonで購入できました。
厚口タイプ、超厚口タイプとAmazonに出ています。

リフィル手帳は便利です

リフィルタイプの手帳は何年も繰り返し使えるところが良いですね。
新しい年を迎えたら、新たに印刷して新しいものを手帳に綴じる。
古い物は保管しても破棄しても、そのまま綴じていても大丈夫です。
また、リフィル手帳用のファスナポケトやカードホルダーなども綴じることができるのとても便利です。

バイブルサイズ自作リフィル手帳作成手順

今回はバイブルサイズで自作手帳を作ってみました!
バイブルサイズの大きさは、縦171mm 横95mm
物によっては微妙にサイズが違ってきますが、1mm程度のズレです。
2017年用の手帳です。
img_5777

バイブルサイズ無地を購入

まずは無地の手帳用紙を購入する必要があります。
今回はバイブルサイズ用の無地を探しましたが、市場に多くないのか程よい物がなかなか見つかりませんでした、上記の画像にあるような厚口と再生紙タイプの2種類をAmazonから購入しました。
厚めの用紙を選んだ理由としては、文字を書き込んだ時の描きやすさと、裏面に書き込みした文字が透けないかと言う点から厚めの用紙を選択しました。
再生紙の方は、薄い紙でメモ用紙的な用途で使用します。
価格も安い!

自作手帳データは作れるか!?

ここが重要です。
と言いましても、無地の用紙を購入しても何も書かれていませんので・・・。
無地ですから。笑
自分で印刷データーを作成する必要があります。
幸いIllustratorを持っていますので、作れるかも!と思っていました。

はい。思っていました・・・が、これ結構面倒なんです。

あっさり諦めました。笑

後は、ネット検索です。

テンプレート的なものがないのか。

リフィル手帳豊富なサイトありました!

世の中とても親切な方がいますね!
リフィル手帳データを掲載しているサイトを見付けることができました。
http://pdc.u1m.biz
このサイト本当すごい!
・手帳サイズの種類が豊富
・同一サイズでも種類が豊富
・解説が丁寧
・リクエストに応えてくれる
・PDFでダウンロードできる
・しかも無料

全て無料でデータダウンロードできるのがありがたいです。
まさに神サイト!
自分好みの手帳データをダウンロードして印刷すれば、自作手帳が簡単に作成できます!
しかも、リクエストまで受け付けてくれるという、神サイトです。




自作バイブルサイズ手帳 これを印刷しています

pdf de calendar さんのサイトは、バイブルサイズだけでもかなりの種類がアップされていますので、自分好みのバイブルサイズ手帳を印刷可能です。

筆者が印刷しているものをいくつかご紹介します。
まずは、見開きタイプの1年分カレンダー
よくあるのは、1ページに1年分カレンダーなんですが、バイブルサイズだとかなり字が細くなるのが難点でした。もはや老眼が始まっているのか・・・。笑
見開きタイプだと文字サイズもそれなりに大きくなるので見やすいです!

他にも多々ありますが、お好みの手帳を見つけて印刷してみてください。

追記

目標達成ツールになるオリジナル自作手帳!手帳を使って目標を達成する方法

目標達成ツールになるオリジナル自作手帳!手帳を使って目標を達成する方法

目標達成する方法をまとめてみました!

人気リフィル手帳バイブルサイズ

無地用紙を準備して自宅で印刷すればリフィル手帳が完成するのですが、肝心の手帳カバーが必要になります。
すでにお持ちの場合は必要ないですが、お持ちでない場合は用意しましょう!
リフィル手帳を購入して中身だけオリジナルの物にしても良いですし、カバー単体で購入するのもありですね!
サイズも色々なタイプがあるので、好みのタイプを選びましょう!
筆者は、鞄にも入りやすいバイブルサイズで使用しています。
ここで人気のバイブルサイズ手帳orカバーをいくつかご紹介します。

・WORLD PORT 2017年版リフィル システム手帳 B6バイブルサイズ
サイズ:W130×H190×D32mm
リフィルサイズ:95×170mm
素材・材質:PUレザー(合皮)
リング:リング内径17mm 6穴リング:上3穴、下3穴
セット内容:本体、オリジナル上質紙リフィル(スケジュール×1年分、メモ×50枚、アドレス70名分)

2017年 オススメの手帳本

関連コンテンツ

-Life アイテム
-, , ,

Copyright© 気まぐれレビューブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.